劇団お座敷コブラ

お座敷コブラロゴ

ozashikikobura

 

2002年、伊藤裕一の熱い呼びかけに応じ、日本大学商学部演劇サークル「劇団おいおい」のメンバーを中心に結成。

「かっこいいファンタジー」を掲げ、2003年「荒野のマンガン」で小劇場デビュー。

以降、独特な世界観、突飛な展開、個性的なキャラクター達が描く確かなストーリーが受け、にょろにょろと活動を続ける。

伊藤裕一考案の「クロス」と呼ばれる展開作りは、本公演の醍醐味でもあり、高い評価を受けている。

2005年の第5回公演「お前ら表へ出ろ!」で一時劇団活動を休止するも、翌年すぐに復活。

劇団員の多くは、TVやイベントでの活動をメインとし、年に一度劇団公演を行っている。

 

【劇団員】

伊藤裕一(主宰)

古林一誠

三上鮎味(グッズ開発)

高木亮(宣伝マネジメント)

マスコットキャラクターの名前は?

2003年の旗揚げ公演を境に、いつの間にか僕らの部屋に住みついた謎の生物。

ちゃんとした名前を付けるまで、暫定的に「コブラさん」と言う呼び方をしていたのですが、結局それがしっくりきちゃったので、彼の名前は、コブラさんです。

へびの癖にまったくニョロニョロできないコブラさん。

趣味はゴロゴロすること。

実は恋人がいるらしく、路上キス写真を週刊誌に撮られたことがあるが、劇団が出版社に圧力をかけ、もみ消した過去がある。

そのことに恩義を感じ、現在は劇団のPR活動に献身的に従事している。

体長:グレープフルーツ1個分

体重:ヘビー

よく聞く音楽:ヘビーメタル

得意技:コブラツイスト

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
アクセスカウンター